農業や林業、漁業、建設業、土木工事、レジャーやイベント会場の設営など、様々な業務や様々なシーンで、悪路やちょっとした坂道での重量物の運搬に威力を発揮するのが、バッテリー式の電動三輪運搬車「パワーキャット」と、パワーキャットに新機能の電動リフトが追加された新型タイプのバッテリー式電動四輪運搬車「パワーキャットリフター」です。12°の登板能力があり、ちょっとした坂道でも人力に頼ることなく楽に重量物を運搬することができます。420mmの大型前輪により、多少の段差なども楽々と乗り越えられ、レジャーやイベント会場が芝生だった場合でも、芝生に優しく重量物を運搬することができます。
一回の運搬量が120kgまでで、荷物の揚げ降ろしが大変でない作業の場合はパワーキャットを、一回の運搬量が120kgを超える場合や、荷物の揚げ降ろしが大変な作業の場合はパワーキャットリフター(電動リフト機能付きパワーキャット)をお勧めいたします。

パワーキャット(バッテリー式電動三輪運搬車)

パワーキャット(バッテリー式電動三輪運搬車)とは

パワーキャット(バッテリー式電動三輪運搬車)の前輪
パワーキャット(バッテリー式電動三輪運搬車)の荷台
悪路や坂道で重量物を運搬するパワーキャット(バッテリー式電動三輪運搬車)

パワーキャットとは、充電式バッテリーを搭載したバッテリー式の電動三輪車のことで、本体重量54kgの軽量ボディー、最大積載量は120kgと逞しく、フル充電で約3時間の走行が可能な楽に重量物を運搬できる電動式三輪運搬車です。

パワーキャットの前輪は大型チューブレスのラグタイヤを使用し、悪路に強い構造になっています。坂道の登板能力は12°で、速度は低速で3.5km/h、高速は5.5km/hとなり、速度操作もハンドルグリップ式の無段階調整ができる安心設計です。また、パワーキャットの荷台のパイプ枠は、前面と左右に最大10cmまで拡大し、パイプ枠を折り曲げて荷台部分をフラットにできるため、パワーキャットに積んだ重量物の荷下ろしも楽々とおこなうことができます。

パワーキャットのバッテリーの取り外しは簡単で、家庭用の100V電源で充電ができ、8時間のフル充電で連続約3時間の走行が可能です。充電残量が一目で分かる便利なバッテリー残量表示計も付いています。

パワーキャットのハンドルは、作業する方の身長に合わせて最大150mmの高さまで3段階に調節できるため、無理のない姿勢で重量物を楽に運搬することができます。

オプションとしてバケット式の荷台があり、細かい荷物や土砂などを運搬することもできます。ダンプ機能も付いていますので、土砂運搬は得意な分野となっています。

当社では、パワーキャットを最短3日間からレンタルしており、必要なときに必要なだけ利用することができます。悪路やちょっとした坂道でも楽に重量物を運ぶことができるパワーキャットは当社の一押し運搬機具です。ぜひ使ってみてください!

資料請求・商品のお問い合わせ ≫

パワーキャット(バッテリー式電動三輪運搬車)の特長

  • パワーキャットは、8時間のフル充電で連続約3時間の走行が可能です。(使用環境や使用条件により変動します。)
  • スイッチひとつで楽に走行し、速度操作はグリップ式なので、女性やご年配の方でも簡単に扱いやすい構造になっています。
  • パワーキャットのバッテリー残量計は、一目で分かる便利なバッテリー残量表示計で、いつでも簡単に充電の残量を確認できます。
  • パワーキャットの荷台のパイプ枠は、前・左右に最大100mmまで拡大でき、下方向へ折り曲げることもできるため、荷揚げや荷降ろしが楽にできます。
  • オプションでバケットタイプの荷台もあります。ダンプ機能付きなので、土砂などの運搬もパワーキャットでできます。

動画でみる電動三輪運搬車「パワーキャット」の特長(YouTube)

電動三輪運搬車 パワーキャット

資料請求・商品のお問い合わせ ≫

パワーキャット(バッテリー式電動三輪運搬車)の仕様

製品仕様

商品名 パワーキャット
型式 PC110-E
寸法(mm) 1,340×645×860~960(※)
荷台面積(mm) 通常 870×660
拡張(最大) 970×860
重量(kg) 54(バッテリーを含む)
最大速度(km/h) 低速設定 前進:3.5 後進:1.5
高速設定 前進:5.5 後進:3.0
最大積載量(kg) 120

(※)ハンドルの高さは3段階調節となります。

資料請求・商品のお問い合わせ ≫

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)とは

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)の外観
パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)からワゴン車へ荷物を積み込む
パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)から荷物を移動する

パワーキャットリフターとは、パワーキャットに電動リフト機能が追加された新型タイプのバッテリー式電動四輪車のことで、最大積載量は300kgと、なんとパワーキャットの2.5倍の積載能力をもつ力持ちな電動運搬車です。

電動リフト機能が搭載されているため、重量物の運搬作業はもちろんのこと、荷物の揚げ降ろしも人力に頼らずに昇降ボタン一つで簡単におこなえます。さらに、パワーキャットリフターでは荷台の枠が取り外しできるので、ワゴン車などから荷物を降ろしたり、ワゴン車などへ荷物を積み込む作業も、パワーキャットから荷物を持ち上げなくても、スライドして荷物を移動することができます。

当社では、パワーキャットリフターを3日間からレンタルしております。繁忙期など、荷物の上げ下ろし作業が頻繁にある場合は、無理して体に負担をかけずにパワーキャットリフターをご利用ください。腰を痛めたり無駄に疲れることなく格段に作業がはかどります!

資料請求・商品のお問い合わせ ≫

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)のすごいところ10選

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)のテーブル

1.最大積載量300kg!
テーブルの高さは102cmまで昇降可能

300kgの重量物を載せたまま、102cmの高さまで昇降可能です。

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)のスイッチ

2.ボタン1つの簡単操作

スイッチを押すだけで、簡単にテーブルを電動昇降できます。

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)のグリップ操作

3.速度調節、バックも可能

グリップ操作で無段階の走行スピード調節、手元のボタン1つでバック走行にも切り替えできます。

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)の前輪

4.悪路に強いラグタイヤ

前輪は泥道や砂利道にも強いラグタイヤ。

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)の充電口

5.充電は家庭用コンセントでOK!

重いバッテリーを外さなくても、本体下の充電口から家庭用コンセントに直接つないで簡単に充電できます。

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)のクラッチレバー

6.電動/手動はレバーで切替え可能

クラッチレバーを手前に引けば電動駆動装置を切ることができ、手動でも楽々動かせます。

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)のバッテリー残量表示計

7.一目でわかるバッテリー残量

ハンドルの横にバッテリー残量表示計があるので、バッテリー切れになる前に確認できます。

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)のハンドル

8.高さ調節が可能なハンドル

使用する方の身長に合わせてハンドルの高さを調節でき、内側に折りたためるので移動時もコンパクトになります。

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)のディスクブレーキ

9.ディスクブレーキ&ストッパー付きブレーキロック搭載

左右両前輪にディスクブレーキを搭載、ハンドルのブレーキには固定できるストッパー付きで安全。

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)のフル充電

10.フル充電で連続3時間の走行が可能

8時間でフル充電となるので、夜間に充電しておけば次の日の朝には使用可能!

動画でみる電動四輪運搬車「パワーキャットリフター」の特長(YouTube)

重量物運搬・昇降に!【電動運搬車 パワーキャットリフター】

資料請求・商品のお問い合わせ ≫

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)の仕様

製品仕様

商品名 パワーキャット
型式 PC020-04
寸法(mm) 1,150×720×900~1,000(※)
荷台高さ(mm) 480~1,020
荷台面積(mm) 850×500×480~1,020(昇降式)
バッテリーを含む重量(kg) 115
最大速度(km/h) 低速設定 前進:3.5 後進:2.0
高速設定 前進:5.0 後進:3.0
最大積載量(kg) 300

(※)ハンドルの高さは3段階調節となります。

資料請求・商品のお問い合わせ ≫

パワーキャットリフター(バッテリー式電動四輪運搬車)の活用事例

パワーキャットリフターを利用して改善できた業務の事例をご紹介いたします。

事例果樹園での果物の収穫作業にパワーキャットリフターが大活躍!

農家の方から、こんなお悩みをいただきました。
「果物をもぎ取った後、毎回かがんで果物をカゴに入れて、すぐ立ち上がり・・・という動作を繰り返していると腰を痛める。」そして「そのカゴいっぱいに溜まった果物を移動するときも、普通の台車だとカゴを持ち上げなくてはならないので、ギックリ腰になる恐れがある。」

そこで、当社がご提案させていただいたのが「パワーキャットリフター」でした。

パワーキャットリフターなら、あらかじめパワーキャットリフターの荷台に果物を入れるカゴを置いておき、果物をもぎ取った後に腰をかがめずに済む高さにパワーキャットリフターの荷台をリフトアップしておけば、毎回かがむ必要はなく、果物が大量に入った思いカゴを人力で持ち上げて台車の荷台に積む作業もなくなります。

そして、収穫した果物でカゴの中が一杯になったら、パワーキャットリフターをそのままトラックまで移動し、今度は、トラックの荷台の高さまでパワーキャットリフターの荷台をリフトアップすれば、普通の台車を使ったときの、台車からカゴを持ち上げてトラックの荷台に積み込むという作業もなくなります。

果物をもぎ取るところからトラックに運んで積み込むまでの一連の作業を、腰を使わずに楽々とおこなうことができました。

事例パワーキャットリフターで工場の作業棚に小型機械数十台を陳列

とある工場の工場長から、「現場で使用している小型機械数十台を使い終わると工場に戻ってきて、それらを毎回、腰の高さまである棚に人力で陳列させる作業がある。小型機械の重量は一台あたり20kg程度で持てない重さではないが、時間と労力がかかりすぎているため、何かいい方法はないか。」というご相談がありました。

以前は油圧式昇降機を利用して小型機械を腰の高さまで上げ、陳列していたこともあったそうですが、油圧式昇降機はペダルを踏んで高さを調節しますがそれが面倒で、「人力で持ち上げた方が早い。」ということになり、結局、油圧式昇降機は使わなくなったそうです。

当社では、そのような現場でパワーキャットリフターが役に立つと考え、パワーキャットリフターのデモンストレーションをおこない、実際にデモ使用していただいたところ、「使い勝手が良い。」と大好評でした。

パワーキャットリフターはボタン1つで荷台の昇降ができるため、油圧式昇降機のようにペダルを踏む手間もなく、手元の操作だけで走行スピードの調節やバック走行への切り替えができ、簡単な操作で思いのままに動かせます。そのようなパワーキャットリフターの特性が、このような現場の作業にはぴったりでした。

資料請求・商品のお問い合わせ ≫

重量物の移動や運搬作業に役立つ商品・事例

  1. 環境・職場改善navi(ナビ)トップ
  2. 職場の環境や作業改善に役立つ商品・事例紹介
  3. 重量物の移動や運搬作業の改善
  4. パワーキャットとパワーキャットリフター

GO TOP GO END